乳酸菌サプリで花粉症予防

花粉症になると、鼻水やくしゃみなどのつらい症状が続きます。花粉症になってしまうと、薬などで身体に出ている症状などを抑えるという方法が取られますが、花粉症を予防するには、腸内環境が大きく関わっています。腸内環境をサポートすることで知られている乳酸菌ですが、腸内環境と花粉症には、どのような関係があるのでしょうか。

腸内環境が整うことで免疫機能が高める効果

アレルギーというのは、免疫の異常で起こるものだと言われていますが、アレルギーになると、アレルゲンに対して、身体が過剰に反応するようになり、不快な症状となって身体に現れます。花粉症は、花粉に対して身体が異常に反応している状態ですが、免疫機能を改善することで、花粉予防をすることができます。腸内には、多くの免疫細胞が集まっており、腸内環境を整えることで、免疫力を正常な状態に改善することができます。通常、免疫機能は、身体にとって有害なものを排除しようとする働きを持っていますが、免疫機能が正常な状態では、有害なものだけに反応するようになります。腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすことが大切ですが、乳酸菌サプリは腸内に乳酸菌を補うことができるため、腸内のバランスを保つために必要な善玉菌を増やすことができます。

免疫力の向上で花粉症の予防効果

乳酸菌をはじめとする、善玉菌は、腸内環境を整える上でなくてはならないものですが、毎日、手軽に乳酸菌を取り入れる方法の中に、乳酸菌サプリで乳酸菌を補うという方法があります。腸内環境が整うことで、腸内に集中している免疫細胞が、より活発にその働きを高めることができます。免疫細胞が活発であればあるほど、免疫機能の働きも向上するため、免疫が異常に反応することが少なくなります。花粉症になると、身体の免疫機能が花粉に対して過剰に反応してしまうため、花粉そのものを避けるように過ごすか、花粉による症状を抑える薬を飲むなどの対処を続けなくてはなりません。しかし、免疫機能が正常な状態であると、花粉が多く飛び交うような季節になったとしても、身体が反応しないため、通常どおり過ごすことができます。花粉に反応しない身体であれば、マスクや薬なども必要ではなくなります。花粉予防は、免疫機能を整えながら、健康的な身体作りを目指すことが大切です。