乳酸菌サプリで免疫力アップ

腸内環境は、免疫力に関係しているので、多くの方が腸内環境を整えることで、身体の健康を維持されようとしています。乳酸菌は、腸にとってなくてはならない善玉菌のひとつですが、乳酸菌は、どのような形で免疫力に働きかけるのでしょうか。

腸内の環境を整えて免疫細胞をサポートする効果

腸内には、身体の健康を守る大切な役割を果たしている、免疫細胞の約60%が腸内に集中していると言われています。腸内は、必要な栄養を吸収する以外にも、身体に取り込んだ病原細菌を識別する働きを持っており、身体にとって有害な細菌を外に排出する働きを持っています。このように、腸は身体にとって重要な働きを担っているため、免疫細胞が集中しているのですが、腸内環境が整っていると、腸内に数多くある免疫細胞の働きも活発になり、より健康を維持しやすくなります。乳酸菌は腸内環境を整える働きを持っていますが、乳酸菌サプリは、腸内に必要な量の乳酸菌を補うことができます。乳酸菌サプリなどを取り入れることで、腸内に善玉菌が増えて、腸内の環境が整うため、免疫細胞が働きやすくなります。

免疫細胞の働きを活発化する効果

病原菌は、通常の状態でもいたるところに存在しているため、衛生的に過ごすようにすることも大切ですが、並行して、免疫細胞を強化することも大切です。乳酸菌サプリは、腸内に乳酸菌を補うことができるものです。腸内環境が整うことで、必然的に免疫細胞の働きが活発化しますが、免疫細胞は、身体に侵入した有害な細菌を身体の外に排出しやすくなるため、様々な病原菌が原因となっている病気に対して、抵抗力がつくことになります。病原菌が原因となっている病気には、数多くの種類がありますが、インフルエンザなどの感染症や、細菌性胃腸炎など、病原菌そのものを識別する働きも活発化するため、病原菌の侵入によって、身体に深刻な影響を及ぼす前に、病原菌を身体の外に排出することができるようになります。病原菌が排出されやすくなれば、それだけ病気になりにくくなるため、健康な状態を保つことができます。