乳酸菌サプリでコレステロール対策

コレステロールは、場合によっては健康を害する働きを持っているものです。肉食や油を多く使用する食事などを好んでいると、コレステロールが蓄積されやすくなります。乳酸菌は、コレステロールに働きかけるもののひとつですが、乳酸菌は、どのような働きを持っているのでしょうか。

コレステロールを調節する効果

コレステロールは、ある程度の量は、身体に必要なものです。コレステロールが身体に有害な働きをするのは、過剰なコレステロールが体内に蓄積されている時です。必要な量のコレステロールを身体に保持しながら、過剰な量のコレステロールを身体の外に出すようにするなんて、なかなかコントロールが難しい場合もありますよね。そんな時、乳酸菌がとても役に立ちます。乳酸菌には、体内のコレステロールを、バランスの良い状態に調節する働きを持っています。乳酸菌を取り入れると、体内のコレステロールが多い場合には、乳酸菌がコレステロールを取り込んで、身体の外に排出しますが、体内のコレステロールが少ない場合には、体外に排出する働きをストップするのだそうです。

コレステロールを抑制する効果

乳酸菌が、腸内環境を整えることは、広く知られていることですが、コレステロールを抑制する働きがあることは、あまり知られていないかもしれません。臨床試験によると、高いコレストテロール値の被験者が乳酸菌を一定の期間取り続けたところ、高い割合でコレステロール値が低下したということが認められています。これは、腸内で作られたコレステロールが、身体に循環してしまう前に、腸内の乳酸菌がコレステロールを取り込んで、身体の外に排出する働きを持っているからなのだそうです。もちろん、コレステロールでお悩みの場合には、できるだけコレステロールの原因となりにくい食品を取ることを基本にしなければなりませんが、それと同時に、乳酸菌を取ることで、気になる症状の予防に繋がります。必要な量の乳酸菌を取ろうと思ったら、食品から取ることが難しい場合もありますが、乳酸菌サプリなら、手軽に必要な量を取り入れ続けることができます。