乳酸菌の種類

乳酸菌には、数多くの種類があります。よく目にすることのある乳酸菌から、あまり知られていない乳酸菌まで、それぞれに持っている特徴にも違いがありますが、乳酸菌には、どのようなものがあるのでしょうか。

ビフィズス菌

ビフィズス菌と言えば、乳酸菌の中で最も広く知られているものです。ヨーグルトなどの乳製品にも含まれているため、腸内環境を意識されている方の中には、毎日の中に、ビフィズス菌を取り入れていらっしゃる方も多いかもしれません。ビフィズス菌は、糖を食べることによって、乳酸や酢酸などの鎖脂肪酸を作り出す働きを持っています。ビフィズス菌は、酸素に弱いという特徴を持っており、生きて腸まで届きにくい場合があります。この特徴のため、腸内環境をサポートするための製品に添加されているビフィズス菌は、生きて腸まで届く工夫などが施されていることが多いようです。

ラブレ菌

ラブレ菌は、すぐきという野菜の漬物から発見された乳酸菌です。ラブレ菌は酸に強いため、生きたまま腸まで届くだけではなく、腸内で長く生き続けるという特徴を持っています。強靭な生命力と、腸内環境を整えることによって、ウイルスなどの身体に有害な細菌を排除する働きをサポートをします。ラブレ菌がもともと持っている性質から、そのまま腸までしっかりと届くため、注目を浴びている菌のひとつです。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌は、植物を醗酵させる乳酸菌のことを指します。日本人の体質に合っている菌だと言われています。日本食の中には、植物性乳酸菌が含まれているものが多くあり、味噌・醤油・漬物などに含まれています。さらに、植物性乳酸菌は、様々な種類の糖を分解することができるという特徴を持っています。

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌は、加熱しても死滅しない菌として知られています。通常、乳酸菌の多くは、酸や熱などに弱く、腸に届きにくいと言われていますが、有胞子性乳酸菌は、熱だけではなく、酸にも強いことから様々な製品に加工しやすい特徴を持っています。さらに、有胞子性乳酸菌はビフィズス菌を増加させる働きを持っているので、それぞれの菌を同時に摂ることで、腸内の善玉菌をより増やすことができます。