乳酸菌サプリで腸内環境を改善

乳酸菌は腸内環境を整えるもののひとつとして、広く知られています。乳酸菌を含む食品も数多くあり、このような食品を取ることで、意識的に腸内環境を整えている方かもいらっしゃるかもしれません。乳酸菌サプリは、わずかな量で十分な乳酸菌を取ることができるものですが、どのように腸に働きかけるのでしょうか。

腸の働きを整える効果

乳酸菌は、もともと腸内に住みついている善玉菌のひとつですが、加齢と共に減っていく傾向があります。乳酸菌は腸を整える働きを持っていますが、腸の運動を促して便秘を防ぎ、下痢などの予防をすることができます。腸内に乳酸菌をはじめとする善玉菌が減ってくると、腸そのものの動きも鈍くなり、便秘がちになるため、腸内が腐敗しやすくなります。腸内のバランスが崩れると、便秘によって腐敗しやすくなった腸内に悪玉菌が増えて、さらに腸内を腐敗させやすくなるという悪循環になる場合があります。腸内のバランスが崩れてしまわないうちに、毎日の中で乳酸菌サプリをはじめとする乳酸菌を含んだものを、欠かさず取り入れるようにすると良いでしょう。反対に、善玉菌が多い状態を保っていると、腸内の腐敗を抑えて、善玉菌が活発に働くことができるので、腸内の余分なものを外に排出しやすくなり、悪玉菌が減っていくという良い循環を生み出すことができるようになります。

腸内の悪玉菌の増殖を抑える効果

腸内は、善玉菌と悪玉菌と中間菌が住みついており、それぞれの菌の数のバランスによって、腸内環境が左右されています。腸内の善玉菌の数が増えると、悪玉菌の増殖を抑えて、中間菌も善玉菌となりやすくなります。乳酸菌が腸内に届くと、多くの有機酸を作ります。この有機酸が、腸内に発生する悪玉菌の増殖を抑えるのですが、悪玉菌は、アンモニアや有毒ガスなどを腸内に発生させて、腸内を腐敗させやすくします。この状態が続くと、腸内環境が悪化して、身体全体にも影響を及ぼすようになります。乳酸菌を取ることで、悪玉菌の増殖だけではなく、悪玉菌の働きを抑えることができます。乳酸菌サプリは手軽に取ることができるものであるため、毎日の中で継続的に腸内環境をサポートをすることができます。